ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年05月31日 06時07分 公開

Google、「Chrome 91」は23%高速化 V8エンジン改善で

Googleは、Webブラウザ「Chrome」のバージョン91へのアップデートで、最大23%高速化したと発表した。V8エンジンのコンパイラ更新などの成果だ。ベンチマークではM1 Mac版でも改善がみられる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月28日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」のバージョン91へのアップデートで、最大23%高速化したと発表した。

 chrome 1

 このアップデートで、JavaScriptエンジン「V8」のコンパイラを新しい「Sparkplug」にし、短い組み込み呼び出し(short builtin calls)を採用したことで実現した。

 Sparkplugは、コードを高速に実行しながら最高の性能を得るためにコードを最適化する新しいJavaScriptコンパイラ。短い組み込み呼び出しは、V8エンジンがメモリ内で生成されたコードの配置を最適化するためのメカニズム。ベンチマークによると、米AppleのM1チップのMacでも効力があるようだ。

 chrome 2 ベンチマーク結果

 Googleは「これらの新機能により、Chromeは最大23%高速になり、毎日のCPU時間を17年間以上節約できることになる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.