ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年06月03日 19時51分 公開

Tencentのクラウドがデータセンター増強 東京、香港、バンコク、フランクフルトの4都市にアベイラビリティーゾーン追加

中国Tencent傘下のTencent Cloudが、東京、香港、バンコク、フランクフルトの4都市にデータセンターを新設したと発表した。

[ITmedia]

 中国Tencent傘下のTencent Cloudは6月3日、東京、香港、バンコク、フランクフルトの4都市にデータセンターを新設したと発表した。

 香港では3番目のアベイラビリティゾーン(AZ)、東京などその他の3都市は2番目のAZ追加となる。

photo 東京など4都市にデータセンターを開設したTencent Cloud

 AZは、「リージョン」を構成するデータセンターの機能単位。例えば東京リージョンといった場合、東京近郊に建てられた複数のアベイラビリティーゾーンをまとめたものを指す。AZ同士は物理的に離れるため、1つのAZで災害などの大規模な障害が発生しても、他のAZでサービスの提供を続けられる。今回の新設により、同社は世界27地域、66のアベイラビリティゾーンをカバーすることになるという。

 同社は2021年度内にインドネシアやバーレーンでデータセンターを開設する予定。インドネシアでは2カ所目、バーレーンでは初の設置となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.