ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年06月04日 06時32分 公開

Twitter初のサブスクサービス「Twitter Blue」始動 まずは豪と加で

Twitterが初のサブスクリプションサービス「Twitter Blue」を正式に発表した。まずはオーストラリアとカナダで同日からロールアウトする。ツイート取り消しやカテゴリ別ブックマークの他、専用カスタマーサポートも受けられる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは6月3日(現地時間)、同社としては初のサブスクリプションサービス「Twitter Blue」の提供を開始したと発表した。まずはオーストラリアとカナダでロールアウトし、ユーザー体験の理解を深めるとしている。

 blue 1 Twitter Blueの登録画面

 月額料金は、オーストラリアでは4.49オーストラリアドル、カナダでは3.49カナダドル。日本では350円になるとみられている

 無料サービスは変わらず存続し、Twitter Blueでは複数の特典が利用できるようになる。特典についてはこれまでうわさされていたものがほとんどだが、立ち上げ段階で提供される機能をここにまとめておく。

投稿の取り消し(最長30秒以内)

 ツイート、RT、スレッド、引用ツイートの送信ボタンを押した後、最長30秒以内であれば取り消せる。取り消せる猶予の長さは5秒、10秒、20秒、30秒のいずれかを選べる。米Googleが2015年からGmailで提供しているメールの送信取り消し機能とほぼ同じだ。

 blue 2 投稿取り消しボタン

ツイートのカテゴリー別ブックマーク

 気になるツイートをカテゴリー別にブックマークできる。カテゴリーは自分で作ることができる。例えば「買いたい」「面白い」「映画」など。ブックマーク機能は無料でも使えるが、フォルダは1つなのでカテゴリーに分けたいというリクエストが多かったという。

 blue 3 カテゴリー別ブックマーク

スレッドを読みやすくする「Reader Mode」

 Twitterには1ツイートは280文字までという制限があるが、長文をツイートの連投で投稿するスレッドという機能もある。スレッド投稿は線でつながっていて長いと読みにくい。Twitter Blueではこれを1つの文として表示する「Reader Mode」を利用できる。

 blue 4 Reader Mode

専用カスタマーサポート

 詳細は不明だが、Twitter Blueメンバー専用のカスタマーサポートも利用できる。

 この他、ジェーン・マンチュン・ウォン氏がツイートしていた色違いのアプリアイコンやアプリのテーマ変更などもある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.