ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年06月09日 20時35分 公開

5G電波が悪いときは設定変えて4Gで――ドコモが呼び掛け

NTTドコモは5Gの通信品質が悪い際の対処法として「5Gの電波が悪いときは4Gに設定を変更してほしい」と呼び掛けている。

[ITmedia]

 5Gの電波が悪いときは4Gに設定を変更して――NTTドコモは6月9日、5Gの通信品質が悪い際の対処法として、このようなことを呼び掛けた。

 ドコモは1都3県の首都圏を中心に5Gエリアの拡大を進めているものの、エリアの端など電波の品質が悪い場所では通信速度の低下が起きる可能性があるとしている。場所の移動で改善しない場合は、「4G/3G/GSM」での通信を優先するよう設定を変更することで「5G通信の状況によらず、4Gでサービスを利用できる」(ドコモ)としている。

photo ドコモの5Gが使用できるエリア

 ドコモはこの状況を受け、6月末までに5G基地局の設置数を1万台まで拡大することも発表。「5Gエリアの品質向上に努める」としている。

photo プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.