ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年06月17日 16時42分 公開

ライカ初のスマホ「Leitz Phone 1」、ソフトバンクが発売 1インチセンサー搭載

ソフトバンクは独Leica(ライカ)が初めて全面監修した、5G対応のスマートフォン「Leitz Phone 1」を7月以降に発売すると発表した。18日から予約を受け付ける。

[ITmedia]

 ソフトバンクは6月17日、独Leica(ライカ)が初めて全面監修した、5G対応のスマートフォン「Leitz Phone 1」を7月以降に発売すると発表した。18日から予約を受け付ける。

 背面カメラは、有効画素数2020万画素の1インチCMOSセンサーとF1.9(35mm判換算19mm)のレンズを搭載。6倍までのデジタルズームが可能という。ライカらしいモノクロ写真が撮れる「Leitz Looks」モードも備える。ソフトバンクは「暗所でも明るく、速い動きにも強く、自然な色味での写真が撮影可能」としている。

「Leitz Phone 1」の正面と背面(右)

 ディスプレイには約6.6インチの「Pro IGZO OLED」を採用。端末の製造はシャープが行う。このため、基本的なスペックはシャープの「AQUOS R6」に類似している。

 CPUは米Qualcommの「Snapdragon 888 5G」(オクタコア)で、内蔵メモリは12GB、ストレージ容量は256GB。本体サイズは約74(幅)×162(高さ)×9.5(厚さ)mm。重量は約212g。バッテリー容量は5000mAh。本体カラーはシルバーのみ。

photo スペック表

 デザインは独ミュンヘンにある、ライカのスタジオが担当した。

 ライカはこれまでも部分的にスマホ分野に参入していた。2016年からは中国ファーウェイとスマホカメラの開発で協業しており、21年5月にはシャープと共同開発したカメラを搭載したモデル「AQUOS R6」を発表していた。過去には、ライカのデジタルカメラをパナソニックがOEM生産していた事例もある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.