ITmedia NEWS > AI+ >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年06月21日 20時01分 公開

「業務スーパー」がAI導入、カートが商品をおすすめ ソフトバンクが協力

8月オープン予定の「業務スーパー天下茶屋駅前店」は、商品の品切れを自動検知するAIや、レコメンド機能付きのショッピングカートなどを導入。次世代型スーパーの実験店舗として、新しい買い物体験の創出を目指す。

[松浦立樹,ITmedia]

 神戸物産(兵庫県加古川市)とソフトバンクは6月21日、8月にオープン予定の「業務スーパー天下茶屋駅前店」(大阪市西成区)に、商品の品切れを自動検知するAIや、レコメンド機能付きのショッピングカートなどを導入すると発表した。次世代型スーパーの実験店舗として、新しい買い物体験の創出を目指す。

 品切れ検知システムは、各陳列棚の映像をAIカメラで解析し、商品の数を計測。品切れを自動で検知し、スタッフに知らせる仕組みだ。来店客数の予測システムでは、店内カメラの映像から、入店人数やレジの待機人数、清算にかかる時間をAIが解析。レジの稼働台数やスタッフ配置に役立てる。

品切れを検知するシステム AIカメラで陳列棚の商品数を計測

 ショッピングカートにはタブレットが付属。客がそこから商品のバーコードを読み取ると、両社が持つビッグデータから、AIがおすすめの商品やレシピなどを提案するという。バーコードを読み取った商品はタブレット上で一覧でき、レジと連携させることでセルフレジとしても利用できるとしている。

タブレットでバーコードをスキャンした商品からおすすめ商品を提案

 この他、来店客の動線分析やデジタルサイネージでの情報発信なども実施。ソフトバンクは同店で得る検証データを生かし、小売業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)促進を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.