ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年06月23日 08時00分 公開

絵画100点をデジタル化して爆破 NFTアートとしてオークション出品

実物の絵画100点をスキャンして燃やし、デジタルアートとしてNFT(非代替性トークン)を出品したオークションが始まった。企画した団体は「何か新たな価値観がそこから生まれるのか、それは私たちにも分からない」としている。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 実物の絵画100点をスキャンしてデータ化し、爆破。デジタルアートとしてNFT(非代替性トークン)をオークションに出品する――こんなプロジェクトを、芸術分野で企画提案を行うクリプトアートジャパンという団体が6月13日に始めた。オークションサイト「OpenSea」上で7月13日まで入札を受け付ける。購入には暗号資産が必要。

並べた絵画を爆破する様子(YouTubeより)

 NFTは、デジタル作品の情報や取引データをブロックチェーン上に記録することで所有権を証明できるデジタル資産だ。改ざんできないブロックチェーン上の記録から作品の真贋や所有者を証明できるため、実物の絵画を焼却しても作品の価値を守ることができるという。出品中の作品は5月15日に爆破済み。

絵画100点の焼却する様子

 この「燃えるアート展」を企画したクリプトアートジャパンは、企画の趣旨について「実体のあるアート作品が、手に取れる現物ではなくなり完全にデジタル化されたとき、どんなことが起こるのか、何か新たな価値観がそこから生まれるのか、それは私たちにも分からない」としている。

 NFTを巡っては、3月に米TwitterのCEOジャック・ドーシー氏による初ツイートのNFTが約3億円で落札されたり、6月に音楽ユニットPerfumeがNFTアートをオークションに出品したりするなど注目が集まっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.