ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年04月09日 11時09分 公開

GMO、NFT事業に参入 マーケットプレースを後日オープン

GMOインターネットが、NFT(ノンファジブルトークン)事業に参入すると発表。デジタルアートや音楽のNFTを売買できるマーケットプレース「アダム byGMO」を提供する。

[ITmedia]

 GMOインターネットは4月9日、NFT(ノンファジブルトークン)事業に参入すると発表した。デジタルアートや音楽のNFTを売買できるマーケットプレース「アダム byGMO」を提供する。サービスの開始日は後日発表する。

 NFTは「代替不可能なトークン」を指す。ブロックチェーン技術を使ったデジタルトークンで、デジタルアートやデジタルアイテムといった作品・商品の所有権を売買するときなどに使われる。所有者履歴などをブロックチェーン上に記録するためデータが改ざんできず、デジタルな作品でも真贋や所有権を証明できるとされている。

 GMOインターネットグループでは、GMOコインが2017年5月に暗号資産の交換事業を開始。12月にはGMOインターネットが暗号通貨のマイニング事業を始めた。新サービスではこれらの事業で開発したブロックチェーン技術やそのノウハウを活用するとしている。

 NFTを巡っては、暗号資産取引所「Coincheck」を運営するコインチェック(東京都渋谷区)やメルカリなど、日本企業が続々と参入を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.