ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年03月25日 14時14分 公開

転売もOK、電子チケットの「NFT」を販売するサービス登場 ライブの視聴権などをブロックチェーンで証明

電子チケットのNFT(ノンファンジブルトークン)を発行・販売できるサービス「Digitama」を、電子チケット販売サービスを運営するZAIKOが始めた。アーティストは、ライブ映像の視聴権などを電子チケット化し、そのNFTを販売できる。購入者が転売した際にも、アーティストは利益を受け取れるという。

[吉川大貴,ITmedia]

 電子チケット販売サービス「ZAIKO」を運営するZAIKO(東京都港区)は3月24日、電子チケットのNFT(ノンファンジブルトークン)を発行・販売できるサービス「Digitama」を始めた。アーティストやクリエイターは、オンラインライブ映像の視聴権などを電子チケット化し、そのNFTを販売できる。購入者がNFTを転売した際にも、アーティストは利益を受け取れるという。

 NFTは「代替不可能なトークン」を指す言葉。ブロックチェーン技術を使ったデジタルトークンで、デジタルアートやデジタルアイテムといった作品・商品の所有権を売買するときに使われる。所有者履歴などをブロックチェーン上に記録するためデータが改ざんできず、デジタルな作品でも真贋や所有権を証明できるとされている。

 現在はNFTを発行・販売したいアーティストやクリエイターを募集中。サービスの開発には、ブロックチェーンを活用したアプリの開発ツールを提供するCurvegrid(東京都中央区)が協力した。

 ZAIKOは音楽ライブやeスポーツイベントの電子チケットを販売するサービス。コロナ禍を受け、2020年3月からはオンラインイベントのチケットも扱っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.