ITmedia NEWS > 製品動向 >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年06月24日 15時03分 公開

ヤフー、取引先との署名を完全電子化 1件当たり3000円のコスト削減に

ヤフーは全取引先企業との署名を完全電子化したと発表。当初の目標を約3カ月遅れで達成した。電子化で、契約1件当たり3000円のコスト削減につながったという。

[ITmedia]

 ヤフーは6月24日、全取引先企業との署名を完全電子化したと発表した。同社は2020年5月に完全電子化に着手。当初は21年3月までに達成するとしていた。

photo ヤフーのプレスリリース

 完全電子化によって印刷や押印が不要になり、取引先企業への郵送もなくなったため、従来数日かかっていた契約手続きが数分に短縮されたという。印刷や押印、郵送、収入印紙の購入などで契約1件当たり約4200円かかっていたコストも、電子化で1件当たり約1200円となり、約3000円のコスト削減効果があったとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.