ITmedia NEWS > 製品動向 >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年05月19日 16時05分 公開

ヤフコメの“パトロールAI”、NewsPicksなどに無償提供 不適切コメントを排除

ヤフーが「Yahoo!ニュース」のコメント欄(ヤフコメ)への不適切投稿を検出するAIを、経済ニュース共有サービス「NewsPicks」など3メディアに無償提供すると発表した。

[ITmedia]

 ヤフーは5月19日、「Yahoo!ニュース」のコメント欄(ヤフコメ)への不適切投稿を検出するAIを、経済ニュース共有サービス「NewsPicks」など3サービスに無償提供すると発表した。NewsPicksを運営するニューズピックスは、中傷など規約違反の発言への対処にAIを導入することで、プラットフォーム運営の健全化につなげるとしている。

photo 「NewsPicks」など3サービスに無償提供する

 ヤフーが無償提供するのは、「建設的コメント順位付けモデル」という独自技術。「客観的で、必要であれば根拠を提示している」「新たな考え方や解決策、見識を提供する」などの条件を満たすコメントに高いスコアを与えるものだ。高いスコアのコメントを優先的に表示するなどの活用方法があるとしている。

 ヤフコメには1日平均31万件以上の投稿があるといい、ヤフーは専門チームによるパトロールで不適切投稿に対応。2018年からは不適切投稿の発見を補助する形でAIを導入しているという。

 ヤフーはNewsPicksに加え、ゲーム攻略情報サイト「攻略大百科」、母親たちの交流掲示板「ママスタコミュニティ」の3サービスに、同モデルのAPIを提供する。それぞれ用途は異なり、NewsPicksやママスタコミュニティでは利用規約などに違反したコメントの検出補助に活用する。これに対し、攻略大百科ではコメントをスコア化。スコアが高いコメントを優先的に表示する形で導入するという。

photo プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.