ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年06月25日 12時23分 公開

バイバイCortana、IE11 Windows 11で消える機能まとめ

Windowsの新OS「Windows 11」で削除される機能を紹介する。IEの無効化やCortanaの縮小、Skypeがクリーンインストールされなくなるなどが、主な変更点だ。

[松浦立樹,ITmedia]

 米Microsoftが6月24日(現地時間)に発表したWindows OSの新バージョン「Windows 11」。多くの新機能が追加されたが、同時に廃止されたり、縮小したりする機能もある。ここではそれらの機能を紹介する。

Windows 11で追加される機能もあれば、消える機能も

Cortana

 Cortanaは初回のシステム起動時に起動されなくなり、タスクバーへのピン留めも行われなくなる。Cortanaの機能自体は残るが、事実上の縮小となる模様。

Internet Explorer

 Windows 11ではInternet Explorerは無効になり、使えなくなる。IEベースのWebサイトとアプリケーションを使う場合は、Microsoft Edgeの「Internet Explorerモード」(IEモード)を推奨しており、ブラウザはMicrosoft Edgeへ一本化する方針。

 なお、Windows 10でも2022年6月15日にInternet Explorer 11のサポートが終了となる。

Skype

 アップグレードでは削除されないが、プリインストールやクリーンインストールは今後されなくなる。使用したい場合はMicrosoft storeから別途ダウンロードが必要に。なお「3Dビューアー」「Windows 10向けの One Note」「ペイント 3D」も同様だ。

タブレットモード

 この機能も廃止され、キーボードの取り付けと取り外しに対応する新しい機能が追加されるという。

スタートメニューのライブタイル

 代わりに新しいウィジェットが追加される。なお、名前付きグループやアプリのフォルダのピン留めはできなくなり、レイアウトのサイズ変更もできない。

タスクバーのカスタマイズなど

 位置が画面下部に固定となり、アプリでのカスタマイズができなくなる。また、Peopleがタスクバーからなくなる。

Snipping Tool

 こちらは今後も使用可能だが、Windows 10での機能やデザインは「切り取り&スケッチ」アプリに置き換えられる。

 他にも以下の機能などが削除される。

  • 数式入力パネル
  • ロック画面の簡易ステータスと関連設定
  • タイムライン(Edgeで一部機能利用可)
  • Wallet
削除、縮小される機能一覧

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.