ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年07月01日 10時07分 公開

Windows 11戦略で見えてくる、Microsoftの“追い込み”手腕としぶとさ(3/3 ページ)

[西田宗千佳,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ストアの強化はゲームビジネスにもつながる

 Microsoft Storeが強くなることはゲームビジネスにもプラスに働く。

photo Xbox Game PassをはじめとしたサービスもOSにビルトインされ、Microsoft Storeと連携する

 有料サービスである「Xbox Live」を軸にクラウドゲーミングやXbox Game PassのようなサービスをPCで使ってもらう場合にも、Microsoft Storeが入り口になる。ゲーム以外を目的にMicrosoft Storeを使う人が増えると、それだけゲームが目立つことにもなる。

 ゲームといえばゲーミングPC、ではあるのだが、Microsoftは今後全力でクラウドゲーミングも推す。クラウドゲーミングは、コアなゲーマーにとって最適な環境とは言い難いが、「ちょっと本格的なゲームもしたい」人にはプラスの環境だ。

 ここからは思考実験である。

 ゲーマーは毎週のようにゲームを買うが、実際問題として、ほとんどの人は年に数本もゲームを買わない。日本だと「ドラクエかFFしか買わない」人も相当数いる。そうした人向けにクラウドゲーミングを活用し、「ゲームハードを買わずに普段使っているPCやスマートフォンで楽しめる」という環境が提供できるとしたらどうだろう?

 回線利用料や月額利用料の問題、そして「クラウドゲーミングを使う」ということに求められるリテラシーの高さなど、シンプルに成功すると断言できない要素は多々ある。だが、「普段使っているMicrosoft Storeでそうしたゲームがアピールされる」ようになると、状況が少しずつ変わってくる可能性も否定はできない。

 Microsoftはゲームビジネスに力を入れている。シェアではなかなかトップが取れず、特に日本では厳しい状況が続いているものの、「3プラットフォーマーの一角」であることに変わりはない。そこで他社と差別化するには、結局、自社の強みである「PC」と「クラウド」を活用するしかないのだ。

 筆者は、モバイル中心に進んできたゲーム市場が今後少し変わると読んでいる。PCや家庭用ゲーム機市場がコア市場として併存するのは同じなのだが、ごくカジュアルなものを除き、特にF2P(Free To Play)型でPCとスマートフォンの「乗り合い」が広がると考えている。F2Pの運営型で収益を拡大するには、その方が有利だからだ。

 そうなると、どのストアにどのようにゲームを出すのか……ということは重要な判断になり得る。スマートフォンではスマートフォン向けプラットフォームを使うことになるだろう。だがPCにおいては、決済含め自社で提供してスマートフォンよりも取り分を多くする企業が増えそうだ。

あらゆる場面で「追い込み型」のMicrosoft

 Microsoftは過去、「最初に画期的なプラットフォームを打ち出した」ことは少ない。いろいろなビジネスにおいて成功の芽が見えたものを、もっとうまく着実に成功させるのに長けている。

 この辺で重要なのは「中途半端にビジネスを止めない」ことであり、「追い付く過程でイノベーションが必要なら、それをちゃんとやる」ことだ。

 PCが立ち上がる時もそうだった。

 クラウドインフラにしても、プラットフォーマーとしてはAWSの後追いだが、着実に事業を拡大し、今や同社最大の収益源になっている。

 ゲームも何だかんだ言われつつ、大手の一角にいる。現在は「追い上げるためにビジネスモデルの変更を仕掛けている」最中といっていい。

 スマートデバイスにPCが追い落とされる……というイメージの中でも、結果的にではあるが、PCはPCとして定着した。Windows 11は(おそらく)画期的なOSではないが、10を引き継いで手堅く利用を広げていくことだろう。

 今度は同社の喉元にずっと引っ掛かり続けて、さりとて無視してしまうこともできなかった「ストアビジネス」にテコを入れる。

 繰り返しになるが、今回の施策が全て成功するとは限らない。驚くようなところに落とし穴があって結果が変わる……というのも、この業界で何度も見てきた図式である。

 一方で、Microsoftは典型的な「追い込み型」のレーサーであり、この視点で見れば、なんとも、この会社はしぶといし強い。

 Windows 11もまさに追い込み型の特徴を備えたOS・サービスであるのは間違いない。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.