ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2021年07月07日 10時49分 公開

任天堂・宮本茂フェロー、「ポケモンGO」に夫婦でハマる 「夢が叶った」

「マリオの生みの親」として知られる宮本茂氏は、ここ2年は夫婦で「Pokemon GO」にハマっているという。

[ITmedia]

 任天堂が6月29日に開いた株主総会で、経営陣が好きなゲームについて語る一幕があった。

 「スーパーマリオ」「ゼルダの伝説」シリーズの生みの親としても知られる、代表取締役 フェローの宮本茂氏(68)は「自分が作っているゲームばかりを遊ぶことが多かった」が、ここ2年は夫婦で「Pokemon GO」にハマっていると話した。同社が株主総会の資料で明かしている。

photo 任天堂株主総会の質疑応答資料より
photo

 株主から「任天堂の要職に就く方はゲーム好きであってほしい。各取締役候補者の人となりを知るためにも、好きなゲームを教えてほしい」との質問があり、経営陣が答えた。

 宮本フェローは「基本的に自分が作っているゲームばかりを遊ぶことが多く、他社さんのゲームからあまり影響を受けずにきた」としつつ、「ゲーム開発で影響を受けた最初のソフトは『パックマン』、デザインがすばらしいと思うのは『テトリス』」と明かす。

 現在は「ポケモンGO」に夫婦でハマっており、「家族みんなでゲームを遊びたいという夢がこのゲームで実現した」という。ポケモンGOは「近所のお友達」とも一緒に遊んでおり、「ひょっとしたら、日本のポケモンGOの平均年齢は60歳ぐらいかもしれませんね」と笑いを誘った。

photo ポケモンGO公式サイトより

 上級執行役員の柴田聡氏は、「アドベンチャーゲームが好き」で、「ファミコン探偵クラブ 消えた後継者/うしろに立つ少女」を最近クリアしたところ。昔は、「ディスクシステムのふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島」も「本当に好きだった」と話している。

 古川俊太郎社長は「中学生のころに『スーパーマリオブラザーズ』が発売された“ど真ん中のファミコン世代”」だ。最近の自社ゲームでは「世界のアソビ大全」の花札をよくプレイしているという。

 上級執行役員の塩田興氏も「ファミコン世代」。「当時からハードウェアをいじるなど、モノの仕組みに興味があった」という。最近の自社製品だと「マリオカートドライブ ホームサーキット」で子供と一緒に遊んでいると話す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.