ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年07月13日 16時13分 公開

86歳プログラマーに教わる“Excelお絵描き” 小学生向けオンライン教室が夏開催

米Appleの「WWDC 2017」でも紹介された86歳のプログラマー、若宮正子さんに、Excelを使ったお絵描きを教わる小学生向けオンライン教室が開催される。Excelで作った和柄の紋様を使い、オリジナルのうちわを作成するという。

[吉川大貴,ITmedia]

 米Appleの開発者会議「WWDC 2017」でも紹介された86歳のプログラマー、若宮正子さんに、Excelを使ったお絵描きを教わる──小学生向けのオンラインセミナーを提供するスコップ(東京都港区)が、7月31日と8月14日にこんなWeb授業を実施する。

 授業はWeb会議ツール「Zoom」を使って実施。参加者は7月31日に若宮さんの話を聞きながらExcelで和柄の紋様などを作成し、自宅のプリンタなどで印刷。事前に郵送されるキットを使って、オリジナルのうちわを作成する。14日の授業では他の参加者と完成したうちわを見せ合うという。

 参加費は1万230円で、小学1〜6年生を対象に、15人ほど参加者を募る。両親や祖父母など、保護者も同時に視聴できる。若宮さんが小学生向けの講義を行うのは初という。

 若宮さんは60代でプログラミングを始め、WWDC 2017ではAppleのティム・クックCEOに世界最高齢のアプリ開発者(当時81歳)として紹介された人物。スコップは若宮さんを起用した理由について「何歳になってもクリエイティブな精神が衰えない人に教わることで、子供の創造力も育つのではと考えた」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.