ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年07月28日 15時35分 公開

スマホ版「ドクターマリオ」サービス終了へ 任天堂とLINE共同開発のパズルゲーム

任天堂が、スマートフォンゲーム「ドクターマリオワールド」のサービスを11月1日に終了すると発表した。理由は明らかにしていない。

[ITmedia]

 任天堂は7月28日、スマートフォンゲーム「ドクターマリオワールド」(iOS/Android)のサービスを11月1日に終了すると発表した。理由は明らかにしていない。

 ドクターマリオワールドは2019年7月にサービスを開始。LINEと共同開発したパズルゲームで、メッセージアプリ「LINE」やFacebookとの連携機能を搭載。プレイ回数を増やす「ハート」を両サービスのフレンド同士で送り合ったり、オンラインで対戦したりできる点を特徴としている。

photo ゲームのスクリーンショット

 有料アイテム「ダイヤモンド」の販売は終了済み。任天堂はサービス終了後、プレイヤーがゲーム内の記録などを確認できるWebサイト「ドクターマリオ ワールド メモリーズ」を公開予定という。

 任天堂は2015年にスマホゲーム事業に参入し、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」や「マリオカート ツアー」などのゲームをリリースしている。近年の売上高は20年3月期(19年4月1日〜20年3月31日)が512億円(前期比11.5%増)、21年3月期(20年4月1日〜21年3月31日)が570億円(前期比11.3%増)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.