ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年08月11日 10時43分 公開

意外に現役? 家庭のFAX 普及率3割、TVゲーム機より上 最近買った人の理由は……(3/3 ページ)

[岡田有花ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

淘汰された家庭用FAXメーカー 現在はほぼ1社

 家庭用FAXを生産するメーカーは激減している。2021年現在、「FAX」と聞いて思い浮かべる、固定電話型デザインのFAXを生産している日本のメーカーは、「おたっくす」ブランドのパナソニックだけになってしまった。

photo スマホ連携機能などを備えた、パナソニックの最新FAX。デザインもスタイリッシュだ(公式サイトより)

 最新の「おたっくす」は極めて多機能だ。受信したファクスを印刷前に画面で確認できる機能はもちろん、スマートフォンで見られる機能も充実している。

 また、ブラザー工業やエプソンといった複合機メーカーも、FAX機能付きの複合機を生産。家庭用FAXよりサイズが大きく、主に業務用だが、家庭での導入する例もあるようだ。

 利用シーンはまだまだあるといっても、FAX需要は減退の一途をたどっており、これからさらに縮小していくのは確実だ。

 ちなみに記者の自宅には、FAXどころか固定電話がなく、固定用の電話番号も持っていない。今後、「FAXのみ」で受け付けるサービスを利用する機会がないことを、心から祈っている。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.