ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年08月11日 10時43分 公開

意外に現役? 家庭のFAX 普及率3割、TVゲーム機より上 最近買った人の理由は……(1/3 ページ)

FAXの世帯普及率は3割もあり、意外と(?)現役のマシンだ。ただ世代差は大きく、20代世帯はわずか1.9%、50代以上は5割。「必要に迫られて、最近になって買った」という人にも話を聞いた。

[岡田有花,ITmedia]

この記事は、Yahoo!ニュース個人に8月10日に掲載されたまだまだ現役!家庭のFAX 普及率はTVゲーム機より高い その使い道は…令和の“最新FAX事情”を、一部編集して転載したものです。

 中央省庁でFAXを全廃する――今年6月、河野太郎行政・規制改革担当相がこんな宣言をして話題になった。だが7月にはトーンダウン。反対意見が多数寄せられ、全廃は断念したと報じられている

 家庭用ではどうだろうか。「FAXはまったく使っていない」という人も、多いかもしれない。

 東京五輪開幕の際に、ちょっとした騒動があった。NHKが選手への応援メッセージを「FAXで」募集していたことに対して、「なぜ2021年に、あえてFAXなのか」とやゆする声が一部で上がったのだ。

 FAXは本当に“過去の遺物”なのか。調査データや、実際に利用している人の声から考えてみる。

FAXの世帯普及率は「3割」 家庭用TVゲーム機より高い

 総務省の令和2年(2020年)の通信動向調査によると、FAXの世帯普及率は33.6%。3軒に1軒が持っている計算になる。この数字は、タブレット端末の普及率(38.7%)、家庭用テレビゲーム機の普及率(29.8%)のちょうど間に位置している。

photo 総務省の令和2年(2020年)の通信動向調査より。FAXの普及率は、タブレット端末とテレビゲーム機の間に位置している(矢印と赤枠は筆者)

 ただ、世帯主の年代別で見ると大きな偏りがある。同じ調査の平成28年(2016年)版によると、20代のFAX保有率はわずか1.9%なのに対して、30代で15.2%、40代で39.1%、50代で48.0%と、年代が上がるごとに跳ね上がっており、60代以降はどの年代でも5割前後(最多は70〜76歳の56.2%)という数字だ。

photo 総務省の平成28年(2016年)の通信動向調査より筆者抜粋(赤枠は筆者)

 5年前の調査でこの数字なので、FAX保有率の”世代別格差”は今、当時以上に開いていそうだ。

FAX、何に使っている? 「新しく買った」理由とは

 FAXは今、何に使われているのだろうか。

 昭和53年生まれ(42歳)の記者の場合、中学生ごろから実家にFAXがあった。実家が商売をやっており、注文書や納品書などもよく送られてきていていた他、LINEもメールも無かった当時は、FAXを友人との手紙のやりとりにも使っていた。

 実家の商売は数年前に閉じたが、FAXは今もある。用途を親に聞いてみたところ、「通信販売の申し込みをFAXで送ったり、お葬式の連絡がFAXで来たりする」とのこと。ただ「今はほとんど使わなくなった」とも話していた。

 このように、「前からあったから、なんとなく置き続けている」という家庭は多い一方で、「必要に迫られて、最近新たに買った」という家庭もあるようだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.