ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年09月02日 07時29分 公開

iPhoneとApple Watchが運転免許証とIDに 米国の一部地域で

iPhoneやApple WatchのWallet機能が、一部の州で運転免許証や州IDに対応する。

[松尾公也,ITmedia]

 米Appleは9月1日(米国時間)、iPhoneとApple WatchのWalletに運転免許証や州の身分証明書を入れて提示できる取り組みを、一部の州と行っていると発表した。

 AppleはiOS 15の発表時に、2021年後半に米国の一部の州で運転免許証と州IDがWallet対応すると表明していた

photo iPhoneとApple Watchが運転免許証に
photo 運転免許証をスキャンしてWalletに
photo 空港のセキュリティチェックで提示するときの画面

 対象となる米国の州は、アリゾナ、コネティカット、ジョージア、アイオワ、ケンタッキー、メリーランド、オクラホマ、ユタ。アリゾナとジョージアが最初に導入する予定だ。Appleによれば、他の州とも話し合いを進めており、全米に導入するよう取り組んでいるという。

 米運輸保安庁(TSA)は、いくつかの空港のセキュリティチェックでこのApple Walletを利用可能にする。米運輸保安庁のデビッド・ペコスケ長官は、空港のセキュリティチェックをタッチレスで通過できるようになり、乗客の利便性が格段に上がるとコメントしている。

 AppleのモバイルIDの実装は同社が策定に協力したISO 18013-5 mDL(mobile driver's license)標準に準拠したものだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.