ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2021年09月03日 16時45分 公開

日本医師会かたる偽メールに注意 「感染者数の最新情報」偽り不審なExcelファイル添付

日本医師会が、同会をかたる不審なメールの流通を確認したとして注意喚起した。新型コロナ感染者数の最新情報と偽って不審なExcelファイルをダウンロードさせ、マクロを有効化するよう促すという。日本医師会は「マルウェアの感染などを引き起こす可能性が極めて高い」としている。

[ITmedia]

 日本医師会は9月2日、同会をかたる不審なメールの流通を確認したとして注意を呼び掛けた。新型コロナウイルス感染者数の最新情報と偽り、不審なExcelファイルのダウンロードやファイル内マクロの有効化を促すという。日本医師会は「マルウェアの感染などを引き起こす可能性が極めて高い」と注意を促している。

photo 不審なメールの一例

 メールのタイトルは「【重要】日本医師会より新型コロナウィルス感染状況のお知らせ」など。本文では「最新の感染者数推移の情報共有をさせていただく」「オンライン上でデータを更新するため、Excelを開いた際に『アドイン』を有効にしてください」などとして、記載のリンクやボタンからExcelファイルをダウンロードし、マクロを有効化するよう誘導するという。

 日本医師会はこれらのメールについて「(偽物のような)メールは一切配信していない。万一そのようなメールが届いたら、絶対にダウンロードなどを行わずにメールを削除してほしい」と呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.