ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年09月04日 10時32分 公開

Apple、RISC-Vプログラマーを募集中 Armライセンス回避の動きか

Apple SiliconはArmベースだが、そのライバルとして浮上しているRISCアーキテクチャがRISC-Vである。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが、採用情報に「RISC-V High Performance Programmer」の募集を掲示している。

photo RISC-Vのロゴ

 コア・オペレーティング・システム・グループでは、ハードウェア、ソフトウェア、アプリケーションを一つのApple体験に統合する、完全に統合されたOSの構築に取り組んでおり、ベクトル・数値計算グループは、iOS、macOS、watchOS、tvOS上で動作するさまざまな組み込みサブシステムの設計、強化、改善を行うことを使命としている。

photo RISC-V High Performance Programmer

 革新的な「RISC-V」ソリューションと最先端のルーチンを実装しているSWとHWのクロスファンクショナルチームで働ける人材を募集しているそうだ。

 この採用情報から、Apple社内ではRISC-Vを統合した何らかの開発が行われていることは明らかで、このアーキテクチャを採用することで、Armのベクターコアのライセンス料を実質的に回避できる。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.