ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ITmedia DX
ニュース
» 2021年09月10日 19時47分 公開

服飾デザインに“バーチャルヒューマン”活用 KDDIがアパレル業界のDX支援 スマートグラスでファッションショーも

KDDIとKDDI総合研究所がアパレル業界のDX支援を始める。バーチャルヒューマンやスマートグラスを使い、商品企画やデザイン時のサンプル制作を効率化。資源を最小に抑えたモノづくりに貢献するという。

[山川晶之,ITmedia]

 KDDIとKDDI総合研究所(KDDI総研)は9月10日、アパレル業界向けのDX支援を始めると発表した。人を模した3DCG「バーチャルヒューマン」やスマートグラス、5Gを使ったクラウドレンダリングを使い、商品企画やデザイン時のサンプル制作を効率化する。

バーチャルヒューマン「coh」

 第1弾として、KDDIが作成したバーチャルヒューマン「coh」に、高精細な3DCGの衣服を着せるシステムを開発。身に着けた様子を、スマートグラス「NrealLight」で確認できる。KDDI総研が開発した、向きや方位などの位置情報を特定する「Visual Positioning Service」(VPS)を使い、cohに近づいたり回り込んだりすることで、素材感やコーディネートを実寸大で見られるという。

「NrealLight」

 実物サンプルなしに商品を確認できるため、サンプル制作のリードタイム短縮やコスト削減につながる。リモートでの商品イメージの共有もしやすいとしている。システムを応用することで、スマートグラスによるバーチャルファッションショーも配信可能。実物の制作には、1着分の糸のみを使って無縫製の完成品が出力できる「ホールガーメント横編機」を使用する。

 アパレル業界では、商品の企画・デザイン段階では、多くの実物サンプルを制作するが、多くの時間とコストがかかる他、布地も廃棄処分される課題があった。このシステムにより、試作時の資源を最小限に抑え、環境に配慮したモノづくりに貢献するという。

服を試作する際の環境負荷とコストを軽減

 同システムは、21日からイタリアで開催される「ミラノファッションウイーク」初日のコンテスト「Unicorn Fashion Award」に出展予定。両社は今後、企画やデザインだけでなく、販売、プロモーション、生産などのサプライチェーン全体のDXを支援するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.