ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年09月13日 15時56分 公開

eSIM対応のiPhone、SIMカードとの併用で「緊急通報」が正常に動作しない恐れ 4キャリアとIIJが注意喚起

「eSIM」に対応したiPhoneを、通常のSIMカードと併用する「デュアルSIM」の状態で使用すると、110や119などの「緊急通報」が利用できない恐れがあるとして、NTTドコモなど携帯キャリア4社とIIJが注意喚起した。

[ITmedia]

 SIMカードを差し替えずに通信事業者を変更できる「eSIM」対応のiPhoneを、物理的なSIMカードと併用する「デュアルSIM」で使った場合、110や118、119などの「緊急通報」が利用できない恐れがあるとして、NTTドコモなど携帯キャリア4社とインターネットイニシアティブ(IIJ)が9月10日、注意喚起した。音声通話が使えないデータ通信専用のSIMカードを「モバイルデータ通信」用の回線として設定すると発生するという。

photo iPhoneをeSIMとのデュアルSIMで使用した場合、110などの緊急通報が利用できない恐れ(出典:IIJ公式ブログ)

 緊急通報が利用できない恐れがある機種は、iPhone 12やiPhone 11、iPhone SE(第二世代)、iPhone XSなど11機種。同じ事象はAndroidスマートフォンでは現時点で確認されておらず、IIJでは「iPhone固有の事象と考えられ、iPhone内部の処理に何らかの問題があると推測される」としている。

photo ドコモなど4キャリアも注意喚起

 同社では、iPhoneの「モバイルデータ通信」を音声通話対応のSIMカードに設定することで緊急通報が可能としているが、緊急時の運用面から他の緊急通報手段の確保やeSIMの利用停止を検討するように求めている。

photo モバイルデータ通信を他社SIMに切り替えると利用できる(出典:IIJ公式ブログ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.