ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年09月14日 18時00分 公開

20年度の中古スマホ販売数、過去最高に 「SIMロック禁止」でさらに拡大へ

2020年度の中古スマートフォンの販売数は過去最高だったとMM総研が推計。今年10月からの「SIMロックの原則禁止」で、市場はさらに拡大する見通しだ。

[松浦立樹,ITmedia]

 調査会社のMM総研は9月14日、2020年度(20年3月〜21年4月)の中古スマートフォン販売台数が、過去最高の185万台(前年度比13.5%増)だったとする推計を発表した。21年10月からは「SIMロックの原則禁止」がスタートし、市場は右肩上がりの成長を続けると予想している。

中古スマートフォン販売台数の推移・予測

 Webアンケートによるユーザー調査と、中古端末販売業者への取材、中古端末専門フリマサービスのデータなどから市場規模を推計した。

 21年10月からは、端末を自社回線でしか使えないよう通信を制限する「SIMロック」が原則、解除されるため、中古スマホの買い取りや販売がよりスムーズになる見通し。ECサイトやフリマサービスでのオンライン取引も増えており、市場はさらに拡大する見通しだ。

 21年度の市場規模は、前年度比10.3%増の204万台に成長すると予想。その後も伸びは続き、25年度には268万台になるとみている。

 21年7月に行ったユーザーへのWebアンケート(15〜69歳の2万4476人対象)では、メインで利用している端末は「新品で購入したスマホ」が83.9%、「中古で購入したスマホ」は2.5%。中古スマホは現状、「2台目のサブ機」としての利用が多いとMM総研はみている。

現在メインで利用している携帯電話

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.