ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2021年09月16日 11時06分 公開

トヨタ販売店27社、個人情報5797件の無断登録が新たに判明 同意なしに共通ID発行

トヨタ自動車の販売店9社が、顧客の個人情報を、本人同意を得ないままシステムに登録していた件について、トヨタは新たに27社が5797人分の情報を無断で登録していたことが分かったと発表した。8月の発表時点では3318人分と報告していた。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は9月15日、同社の販売店9社が、顧客の個人情報を、本人同意を得ないまま自社のサービスに登録していた件について、新たに27社が5797人分の情報を無断で登録していたことが分かったと発表した。8月の発表時点では3318人分と報告していた。

 改めて全販売店でチェックした結果、9社に加えてトヨタモビリティ東京やトヨタカローラ名古屋(名古屋市)などでも無断登録があったと判明した。顧客向けに提供する認証サービス「TOYOTA/LEXUSの共通ID」のIDを発行するためとして、車の注文書やアンケートに記載された氏名、生年月日、性別、住所、電話番号などを本人の同意を得ず登録していたという。

無断登録があった販売店と件数のリスト

 これらの情報はすでに削除済みで、トヨタ以外には提供していないという。トヨタは無断での登録が相次いだ背景について、販売店へ行ったID発行の推奨活動が原因と8月に説明している。再発防止策として、10月からはスタッフが顧客の同意なしにIDを発行できない機能を追加。ID発行時には本人認証も設ける予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.