ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年09月22日 12時46分 公開

ネットショップの売上金で即支払い「BASEカード」発行開始

BASEは、ネットショップで売り上げを即時、VISA加盟店のECサイトで利用できるバーチャルカード「BASEカード」の提供を始める。

[松浦立樹,ITmedia]

 ネットショップ作成サービス「BASE」を運営するBASEは9月21日、ネットショップの売上金を即時、オンラインのVISA加盟店で利用できるバーチャルカード「BASEカード」を提供すると発表した。同日から先行受付を始めた。

 BASEアカウントがあれば誰でも即時発行・利用でき、発行手数料や年会費は無料。

 一括払いのみ対応する。1回当たりの支払い上限は3万円だが、本人確認すれば最大100万円まで増額でき、1枚あたりの上限金額もなしにできる。

 21日から、専用ページをツイートして表示されるフォームから先行申し込みを受け付けており、翌週以降に順次、バーチャルカードを発行する。

 2022年の上半期中には、リアル店舗でもVISA決済できるリアルカードの発行も予定している。

 BASEがショップオーナー656人に行ったWeb調査では、半数以上が「資金繰りに困った経験がある」と回答。うち約4割が「対策を何もしてない」と答えたという。BASEカードの発行で、ショップオーナーの資金繰りを支援する。

ショップオーナーへの調査結果

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.