ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月04日 14時40分 公開

三井住友カード、日本初のVisaカードレスカード発行開始 LINE Pay提携カードも

三井住友カードは、国内初のVisaブランドのプラスチックカードが発行されないモバイル端末専用のクレジットカード「三井住友カード(CL)」の提供を始めると発表。

[松浦立樹,ITmedia]

 三井住友カードは10月4日、Visaブランドのクレジットカードとしては日本初のカードレスカード「三井住友カード(CL)」の提供を始めた。

 カードレスカードとは、プラスチックカードを発行しないモバイル端末専用のクレジットカードのこと。スマートフォンから申し込みを受け付けた後、最短5分の審査でカード番号を発行。後払い方式で、ECサイトの他、モバイル決済サービスに登録すれば店頭での決済にも使える。

 三井住友カード(CL)の発行ブランドはVisa/Mastercard。年会費は永年無料で、利用枠は月間と1回当たりでそれぞれ100万円まで。米Appleの「Apple Pay」に対応しており、今後は米Googleの「Google Pay」への登録にも対応する予定。明細書もWebサービスでのみ発行する。高校生を除く18歳以上であれば申し込み可能。

 同社では、LINE Payとの提携カードレスカード「Visa LINE Pay クレジットカード」も同日に提供を始める。他にも、ANAとの提携カード「ANAカード」でもカードレスサービスの発行を予定している。

Visa LINE Pay クレジットカード

 カードレスカード提供の背景にはモバイル決済の急激な浸透がある。同社によると、同社会員のモバイル決済登録数は5年間で7.6倍、モバイル決済額は5年間で44.0倍に増加しているという。

同社の調査結果

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.