ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2021年10月05日 08時30分 公開

Amazonのロボット「アストロ」、日本の家庭に居場所はある?小寺信良のIT大作戦(1/4 ページ)

Amazon初の家庭用ロボット「アストロ」。日本で販売するかどうかは不明だが、現在の機能は日本市場にマッチするだろうか。

[小寺信良,ITmedia]

 米Amazonは9月28日(現地時間)、最新のデバイス・機能・サービス発表会の席で、同社としては初となる移動型の家庭用ロボット「アストロ」(Astro)を発表した。米国では2021年内に発売予定で、早期プログラムとして台数限定で999.99ドル、それ以降は1449ドルで販売される。日本での発売は今のところ未定だ。

photo
photo Amazon初の家庭用ロボット「アストロ」

 多くの人は移動可能なAmazon Echoといった印象を持ったことだろう。Amazonは昨今、シンプルなスマートスピーカーよりもディスプレイ付きのEcho Showに力を入れているところだが、これが移動すると便利になるのか、情報端末としては表示位置が低すぎるのではないか、プライバシーは大丈夫か、といった懸念も聞かれる。

 一方でこうした製品は一朝一夕にできるものではなく、開発には数年を要したと思われる。Amazonはなぜ情報型ロボットを投入するのか。その先に何があるのか。今回はそういうところを考えてみたい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.