ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月12日 15時18分 公開

Google、広告主が過去に出した広告をユーザーが確認できる機能を開発 透明性向上へ

米Googleは、Webサイトなどに表示される広告について、広告主が過去に掲載した他の広告をゆーザーが確認できる機能を開発したと発表。今後数カ月以内に米国で公開し、2022年には段階的に他の国にも展開する。

[松浦立樹,ITmedia]

 米Googleは10月11日(現地時間)、Webサイトなどに表示される広告について、広告主が過去に掲載した他の広告をユーザーが確認できる機能を開発したと発表した。今後数カ月以内に米国で公開し、2022年には段階的に他の国にも展開する。

 広告の情報を表示する「About this ad(この広告について)」の機能を強化。ユーザーが広告の情報パネルを開くと、広告主の名前や所在地に加え、過去30日間に掲載した広告の情報を確認できるようにする。違反広告を報告する機能も備える予定。

広告の情報パネルを開くと、広告主の詳細情報を知ることができる

 Googleは広告に関する情報の開示を進めている。5月には日本で「広告主様本人確認プログラム」を開始。広告主に対し、事業内容や会社所在地、販売・宣伝する製品に関する情報の提出を必須とした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.