ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月12日 19時15分 公開

台湾ユーザーでもメルカリの商品を購入しやすく 注文から国際発送まで代行する公式越境ECサービス

メルカリが、台湾Bibian社と業務提携し、台湾での越境販売を始める。台湾の人が日本の出品者から商品を購入する際、Bibianが商品の注文、受け取り、検品、台湾への発送を代行する。

[谷井将人,ITmedia]

 メルカリは10月12日、台湾のECサイト大手「PChome Online」グループの比比昂(Bibian)社と業務提携し、台湾への越境販売を始めると発表した。台湾ユーザーが日本の出品者から商品を購入する際、Bibian社が商品の注文、受け取り、検品、台湾への発送を代行する。

photo

 メルカリに出品された商品のうちアジアで人気があるものは、Bibian社が運営する越境代理購入サービス「Bibian 比比昂」にも表示される。台湾のユーザーがBibianで商品の購入依頼を出すと、Bibianの公式アカウントがメルカリで商品を購入。同社が持つ日本拠点で商品の受け取りと検品を行い、台湾へ発送する。日本の出品者が台湾向けの配送処理をする必要は無く、配送料もそのままだ。

photo Bibian 比比昂のメルカリ特設ページ

 メルカリは中期戦略でグローバル展開に力を入れており、2019年11月には100カ国以上での越境販売を始めている。Bibian社と提携した理由について同社は、台湾ユーザーからメルカリの商品に対するニーズが明確になった点、台湾消費者の42.7%は過去1年間に越境ECを利用しているとの調査結果から、越境ECとの親和性が高いためとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.