ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2021年10月19日 12時30分 公開

コネクテッドカー向け情報セキュリティ、日本MS・日立・トレンドマイクロが共同開発へ

日本マイクロソフト、日立製作所、トレンドマイクロが、コネクテッドカー向け情報セキュリティシステムを共同開発し、2022年中に日本で提供を始める。

[谷井将人,ITmedia]

 日本マイクロソフト、日立製作所、トレンドマイクロは10月19日、コネクテッドカー向け情報セキュリティシステムを共同開発し、2022年中に日本で提供を始めると発表した。

photo システム構成図

 日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」、日立製作所が持つ攻撃者侵入検知システム、トレンドマイクロの自動車向け攻撃検知・防止システムとクラウド向け情報セキュリティ技術を組み合わせる。

 コネクテッドカーへの攻撃を検知・ブロックする他、攻撃や異常のログデータをMicrosoft Azure上に構築したデータ分析基盤に収集し、カーナビやアクセル、ブレーキの動作状況と組み合わせて攻撃の全体像を可視化。攻撃への対処に当たるオペレーターの初動対応を支援する。クラウド基盤はトレンドマイクロのクラウド向け情報セキュリティシステム「Trend Micro Cloud One」で保護する。

photo 日立製作所のコネクテッドカー向け攻撃者侵入検知システム

 コネクテッドカーは外部ネットワークに接続し、各種データを活用することで安全性や利便性を向上させている反面、サイバー攻撃のリスクにさらされやすい問題もある。3社は「膨大な数の自動車を監視し、安全性を確保するには、情報セキュリティ、IT、自動車への知見とノウハウ、技術が必要」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.