ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年10月19日 13時38分 公開

東京ゲームショウの視聴回数は3946万回 半数以上は中国から

コンピュータエンターテインメント協会は19日、「東京ゲームショウ2021 オンライン」の公式番組の総視聴回数が3946万回だったと発表した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 コンピュータエンターテインメント協会は10月19日、「東京ゲームショウ2021 オンライン」で配信した公式番組の総視聴回数が3946万回だったと発表した。昨年の3160万回から約25%増えた。

「東京ゲームショウ2021 オンライン」公式サイト。46本の公式番組を配信した

 9月30日から10月3日までの会期中に配信した公式番組は46本(集計は12日間)。YouTubeやTwitterの他、中国のDouYuやbilibili、米国のIGNといった海外のプラットフォーマーやメディアと連携し、英語や中国語の同時通訳/字幕を付けて配信した。

 プラットフォームごとに集計方法が異なるため国ごとの視聴数は出していないが、YouTube(中国語版あり)を除く6つの中国向け配信プラットフォームで計2381万回と全体の半数以上を占めた。協会は「昨年に続き、中国での注目度の高さが伺える」と話している。

 ゲームショウとしては初となる仮想空間「TGSVR2021」は4日間で約21万人が利用。平均滞在時間は約27分で、6割を超える人がVRデバイスからアクセスしていた。

 東京ゲームショウは新型コロナウイルス感染対策で2020年からオンライン開催となった。今年はスクウェア・エニックスなど国内大手を含む351の企業や団体が参加。中国からはテンセントなど20社が出展した。

プラットフォーム別の視聴数(集計は10月11日までの12日間)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.