ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月22日 14時21分 公開

電動自転車をモバイルバッテリーで充電、ホンダが開発 シェアサイクルの充電不足解消に

ホンダは、シェアサイクル用電動アシスト自転車の充電に、モバイルバッテリーを使えるシステムを開発したと発表。車両本体の電源に加え、モバイルバッテリーを2つ目の電源として利用できる。

[松浦立樹,ITmedia]

 本田技術研究所(ホンダ)は10月21日、シェアサイクル用電動アシスト自転車の充電にモバイルバッテリーを使う「シェアサイクル用2電源システム」を開発したと発表した。車両本体の電源に加え、モバイルバッテリーを接続することで2つ目の電源として利用できる。

利用イメージ

 ホンダは都市部などを中心に普及しているシェアサイクルサービスには2つの課題があると指摘。1つは、車両の充電不足で乗れないユーザーが発生している点で、もう1つは、車両の充電や故障修理、メンテナンス、偏在する自転車の再配置などオペレーション全般のコストが売り上げの半分を占めている点という。

 これらの問題解決のために、ホンダでは普段から持ち歩く人が多いモバイルバッテリーに着目。車両への接続を可能にし、2つ目の電源として使えるようにすることで自転車の充電不足の回避や、事業者の充電コストの大幅削減が期待できるとしている。

車両への搭載イメージ

 ホンダは、2022年中にシェアサイクル事業者と共同で、開発したシステムの実証実験を通し、将来の事業化に向けた検討を進めていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.