ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月26日 19時19分 公開

M1 Max搭載14インチMacBook Pro究極モデルを細かくチェック 消えたもの、復活したもの、変わったもの(3/4 ページ)

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 MacBook Pro (14-inch, 2021)の左側面には、MagSafe 3、Thunderbolt 4ポートx2、3.5mmヘッドフォンジャックが装備されています。

photo MacBook Pro (14-inch, 2021):左ポート

 MacBook Pro (13-inch, 2019, Thunderbolt 3ポートx 4) モデルでは、3.5mmヘッドフォンジャックは右側に装備されていましたが、MagSafe 2最後のモデルとなったMacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)と同じ左側手前に戻りました。

photo MacBook Pro (14-inch, 2021):右ポート

 MacBook Pro (14-inch, 2021) の右側面には、HDMIポート、Thunderbolt 4ポート、SDXCカードスロットが装備されている。

 MagSafe 2最後のモデルとなったMacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) は、手前から、SDXCカードスロット、USB 3ポート、HDMIポートが装備されていた。

 MacBook Pro (14-inch, 2021) /M1 Maxには「Apple 96W USB-C電源アダプタ」が付属している。

photo 96W USB-C電源アダプタ

 MacBook Pro (14-inch, 2021) /M1 Pro 8Core CPUには「Apple 67W USB-C電源アダプタ」が付属している。

 スタジオ品質3マイク、2つのツイーターと4つのフォースキャンセリングウーファーの6スピーカーを搭載している。

photo MacBook Pro (14-inch, 2021) のスピーカーグリル

 ハイダイナミックレンジステレオスピーカーを搭載しているMacBook Pro (13-inch, M1, 2020) と比べて、空間オーディオ再生時の臨場感がアップしている。

 MacBook Pro (14-inch, 2021) の排気スロットは、ファンクションキー列の下側にあり、Liquid Retina XDRディスプレイ面に当たって排出される仕様となっている。

photo MacBook Pro (14-inch, 2021) の排気スロット

 Appleは、先進的な排熱システムにより、より低速のファン回転なのに50%も多く空気を送り出し、日常的な作業なら、ファンは起動しないと説明している。

 MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) の高さが1.56cmなのに対して、MacBook Pro (14-inch, 2021) は1.55cmで薄くなっているが、キーボードトップ部分に関してはMacBook Pro (14-inch, 2021) の方が厚みがある。

photo MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) と比較した

  MacBook Pro (13-inch, M1, 2020) と比較して、エッジがかなり丸みを帯びているのが分かる。

 アルミボディーを採用し2003年に発売された「PowerBook G4」似た柔らかさを感じる。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.