ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年11月02日 20時10分 公開

PayPay、手数料有料化の影響は「極めて軽微」 加盟店の解約数は全体の0.2%

Zホールディングスは、2021年度第2四半期決算を発表し、その中でキャッシュレス経済サービス「PayPay」の決済手数料有料化による加盟店舗の解約数は全体の0.2%であったと明かした。「影響は極めて軽微」だと説明する。

[松浦立樹,ITmedia]

 Zホールディングス(ZHD)は11月2日、2021年度第2四半期決算を発表し、その中でキャッシュレス決済サービス「PayPay」の決済手数料有料化による加盟店舗の解約数は全体の0.2%であったと明かした。「影響は極めて軽微」だと説明する。

決算資料より

 PayPay社は8月、年商10億円以下のPayPay加盟店に対し、10月から決済システム手数料を設定すると発表。加盟店向けの決済管理サービス「PayPayマイプラン ライトプラン」(月額1980円)に加入する事業者には、1回の決済ごとに1.6%、それ以外には1.98%の手数料を設定していた。

 ZHDの決算資料によると、2021年9月末時点でPayPay加盟店数は344万カ所。2021年度第2四半期(7〜9月)の取扱高は1兆2285億円となり、この期間の月間平均取扱高での決済手数料有料化の影響は0.1%と算出している。2021年度第2四半期のZHDフィンテック事業全体の売上収益は約2905億円(前年同期比42.0%増)に上った。

 第2四半期までの2021年度のPayPay取扱高は、2兆4452億円(同67.5%増)、PayPayカードのクレジットカード取扱高は1兆3622億円(同19.5%増)、PayPay銀行の口座数は565万口座(同17.2%増)といずれも増加している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.