ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年11月04日 19時17分 公開

JINS MEME、集中力が常に最高の「ZONE」判定になる現象を修正へ

ジンズは、内蔵センサーでまばたきや視線の移動を計測できるメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」の測定アルゴリズムを修正すると発表。専用スマホアプリの集中力を測定する機能で、最高レベルを示す現象を複数のユーザーから指摘されていた。

[松浦立樹,ITmedia]

 ジンズは11月3日、センサー内蔵のメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」(ジンズミーム)のアルゴリズムを修正すると発表した。同デバイスにはまばたきの回数などから集中力を推定する機能があるが、高頻度で最高レベルを示す「ZONE」判定になる現象が複数のユーザーから指摘されていた。

アプリ内の表示。約5時間38分の使用の中で、ZONE以外の時間はわずか3分

 ジンズはまばたきの間隔が長いほど集中力の判定が上がるアルゴリズムを採用していたが、想定以上にユーザーのまばたきの間隔が長く、ZONEに達する頻度が高かったという。

 感度調整をしたアプリは近日中にリリース。不自然なデータが発生している際に、ユーザーがそれを把握できるUIも、順次実施するとしている。

 JINS MEME本体のファームウェアも更新予定。2015年発売の旧型JINS MEMEでは、上を向く行動をまばたきと誤検出する確率が高かったため、新型ではこれに関するロジックを修正していた。しかし、この修正によりまばたきを検出しづらくなるユーザーがいることが判明。旧型のロジックを選べるようにする。

JINS MEME

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.