ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年11月08日 09時23分 公開

Windows 7/8/8.1のOneDriveアプリ、2022年2月末で同期終了

Microsoftは、Windows 7/8/8.1のOneDriveアプリのサポートを2022年1月1日に終了する。アプリ経由の自動同期は3月1日から停止する。Webアプリ経由の手動アップロードなどはその後も可能だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月5日(現地時間)、Windows 7、8、8.1の「OneDrive」アプリのアップデートを2022年1月1日に提供終了すると発表した。これらのOSのOneDriveアプリでのクラウドとの自動同期は同年3月1日に停止する。

 onedrive 告知

 Microsoftはなるべく早くWindows 10あるいは11にアップデートするよう勧めている。Window 10以降にアップデートできないPCを利用している場合は、Webアプリ版のOneDriveを使うことで引き続きファイルの手動アップロード、編集、共有が可能だ。

 なお、Windows 7のサポートは2020年1月14日に、Windows 8のサポートは2016年1月12日に終了している。Windows 8.1のサポートは2023年1月10日に終了の予定だ。

 windows Windows 7/8/8.1のサポート終了日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.