ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年11月17日 13時22分 公開

「Windows 10」のアップデートは年1回に サポートは2025年10月14日まで

Microsoftは「Windows 10」の今年2回めのアップデート「21H2」のリリースを発表した。今後は「Windows 11」と同じ様に年1回のアップデートになる。Windows 10のアップデートは2025年10月14日まで続ける。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月16日(現地時間)、「Windows 10」の“2021年11月の更新”「21H2」のリリースと、これまで年に2回実施してきた「Windows 10」のアップデートを、年1回にすることを発表した。10月にリリースした「Windows 11」年1回のリリースになるので、それに合わせるとしている。

 21h2 21H2の通知

 Windows 10の次回のアップデートは2022年後半になる。アップデートは2025年10月14日まで実施する計画だ。

 end

 Microsoftは、Windows 11へのアップグレードが可能なPCの場合は、21H2をスキップしてWindows 11に直接移行することも提案している。筆者のPCでは、まずWindows 11へのアップデートを促し、「今はWindows 10の使用を継続します」を選択した後で21H2の更新プログラムが表示された。

 win 11

 同社は別の公式ブログで、Windows 10ではArm搭載PCでのx64エミュレーションをサポートしないことを明らかにした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.