ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年11月18日 12時57分 公開

NECがデータセンター新設、ハイブリッドクラウド需要受け

NECが千葉県印西市にデータセンターを新設する。2022年4月から運用し、自社のプライベートクラウドと他社製パブリッククラウドの接続性向上に活用。SI事業などの強化につなげる。

[吉川大貴,ITmedia]

 NECは11月18日、千葉県印西市にデータセンターを新設すると発表した。自社のプライベートクラウドと他社製パブリッククラウドの接続性向上に活用し、SI事業などの強化につなげる。7月から協業しているSIer、SCSKが印西市に持つ拠点内に新設。2022年4月に運用を始める。

 ラック数は数百程度になる予定。今後は新しいデータセンターを活用し、プライベートクラウドとパブリッククラウド間の接続性を高めるネットワークサービスを開発。22年上期から順次提供する。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の加速により国内でパブリッククラウドの活用が増える一方、重要なIT資産の保持にはプライベートクラウドが使われるといった傾向を受けた施策。今後はSCSK以外の企業とも協力し、新しいデータセンターを活用したシステム開発やサービス提供を強化するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.