ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年10月28日 12時31分 公開

NECと日本オラクル、基幹システムのクラウド移行支援に向け協業強化 設計時間を半減、移行時間を3割減

NECと日本オラクルが、基幹システムをクラウド移行するサービスの拡充に向け、協業を強化した。オンプレミス上で運用されているデータベースを以前より安全・高速にクラウド基盤に移行する技術を共同開発。この技術を活用したサービスを提供するという。

[ITmedia]

 NECと日本オラクルは10月28日、基幹システムをクラウド移行するサービスの拡充に向け、協業を強化したと発表した。オンプレミス上で運用されているデータベース「Oracle Database」をこれまでより安全・高速にクラウド基盤「Oracle Cloud」に移行する技術を共同開発。今後、この技術を活用した基幹システム向けのデータベース運用サービスを提供する。

photo 日本オラクルの三澤智光社長 (左)、NECの吉崎敏文執行役員常務 (右)

 共同開発した技術では、移行時の設計にかかる時間を最大で半分、移行作業にかかる時間を3割減らせるという。データベース運用サービスに加え、両社が共同で構築した、ハイブリッドクラウドやマルチリージョン環境でも高可用性を保てるアーキテクチャを活用したサービスも提供するとしている。

 協業の強化に伴い、NECはOracle Cloudに関する資格の合格者を、社内で500人規模まで増やす方針も明かした。2社は30年以上に渡って協業関係にあり、今後はエンタープライズ向けの展開をさらに強めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.