ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年11月25日 08時44分 公開

Instagramのトップ、議会公聴会で若者に与える影響について証言するとツイート

Meta(Facebook)傘下のInstagramでトップを務めるアダム・モッセリ氏は、Instagramが若者に与える影響についての上院委員会の公聴会で証言するとInstagram投稿で発表した。公聴会は12月6日の週に開催の見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Meta(旧Facebook)傘下のInstagramのトップを務めるアダム・モッセリ氏は11月24日(現地時間)、Instagramが若者に与える影響について米連邦議会上院小委員会が開催する公聴会で説明すると、自身のInstagramアカウントとTwitterアカウントで発表した。

 mosseri アダム・モッセリ氏のInstagram投稿

 米上院消費者保護、製品の安全性、およびデータセキュリティに関する小委員会のこの公聴会は、まだ公式には発表されていないが、12月6日の週に開催される見込みだ。同委員会委員長のリチャード・ブルーメンソール上院議員(民主党)の広報担当者は米CNBCなどに対し、「Instagramの有害な影響について報じられて以来、われわれはなぜ同社が子どもたちを暗闇に突き落とすようなコンテンツを表示する強力なアルゴリズムを使っているのか、幹部から直接聞きたいと考えていた。(中略)モッセリ氏が自主的に公聴会に参加してくれることに感謝する」というコメントを送った。

 モッセリ氏は投稿した動画で「若者をオンラインで安全に保つことについて、重要な議論が行われている。私はInstagramでコンテンツがどのように表示されるかについて考えてきた。今後数週間でわれわれの取り組みの多くを共有することを楽しみにしている」と語った。

 この件については9月30日、米Facebook(当時)の安全担当グローバルヘッド、アンティゴネ・デイビス氏を召喚しての公聴会を開いたが、デイビス氏はほとんどの質問に対し、「持ち帰って確認する」と答え、要請も受け流した。

 10月5日にはこの問題が表面化するきっかけを作った内部告発者、フランシス・ホーゲン氏も公聴会で証言したが、Facebook(当時)は「公聴会で証言した元プロダクトマネジャーの在職期間は2年に満たず、部下も持たず、最高責任者レベルの幹部との意思決定会議に出席したこともない。同氏の証言の多くには同意できない」とメディアに声明文を送っている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.