ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年11月25日 18時45分 公開

人が横にいる気配を再現するソファ型デバイス KDDI総研が開発 遠くにいる相手の背中をなでることも

KDDI総合研究所は、ソファ型コミュニケーションデバイス「Sync Sofa」を開発した。「身振り手振り」や「あいづち」「肩や背中をなでる」といった全身を使った身体的コミュニケーションが可能という。

[山川晶之,ITmedia]

 KDDI総合研究所は11月25日、ソファ型コミュニケーションデバイス「Sync Sofa」を開発したと発表した。「身振り手振り」や「あいづち」「肩や背中をなでる」といった全身を使った身体的コミュニケーションが可能という。

人の気配を伝える「Sync Sofa」

 Sync Sofaは、ディスプレイ、カメラ、スピーカー、マイク、振動アクチュエーター、加速度センサーを搭載した2つのソファで構成。遠くにいる相手の等身大映像をディスプレイに映し、ソファに搭載した複数の加速度センサーとマイクの情報を基に、相手の動作によって生じる音や振動を情報として伝送。体験者のソファが座面や背面にある複数のアクチュエーターで再現する。体験者の視点位置に応じた見え方をディスプレイ側で調整することで、触覚、聴覚、視覚から相手と隣り合う感覚を再現するという。

「Sync Sofa」の仕組み

 オンラインでも人の気配を伝えられるため、YouTuberなど動画配信者のイベントやファンサービスなど、オンラインコミュニケーションに活用できるとしている。将来的には、離れた家族や友人が隣にいる感覚を誰でも味わえる社会の実現を目指す。同研究所は、五感を再現/表現する技術がコミュニケーションにもたらす影響を分析し、より大規模な空間での提供に向けた研究開発を推進するとしている。

 同研究所ではこれまでも、遠くにいる人と乾杯やお酌をした感触を相互に伝えるグラス型コミュニケーションシステム「Sync Glass」を開発。ハプティクス技術を活用し、オンラインコミュニケーションに「手触り」を与える研究を続けている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.