ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年12月17日 11時00分 公開

iPhoneの緊急通報できない問題、iOS 15.2で解消 携帯4社が発表

iPhoneシリーズで発生していた、eSIMの設定次第で緊急通報できない問題がiOS 15.2で解消したと、携帯キャリア4社が発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの携帯キャリア4社は12月16日までに、iPhoneシリーズで発生していた、eSIMの設定次第で緊急通報できない問題が14日配信のiOS 15.2で解消したと発表した。

photo iPhone 13(公式Webサイトより)

 各社はユーザーに対し、OSアップデート後に通話機能が問題なく使えるか確認するよう案内。アップデートしない場合はSIMの設定を見直すよう呼び掛けている。

 iPhoneシリーズはeSIM対応機種で2回線を利用する際、データ通信専用SIMをモバイルデータ通信用に設定していると緊急通報できなくなる不具合を抱えていた。総務省はこれが技適不適合そのものには当たらないとしつつ、技術基準への不適合などの事例をまとめたWebページにiPhone 11〜iPhone 13、iPhone SE(第2世代)、iPhone XSなどを10月に掲載していた。

photo ドコモの案内

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.