ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年12月24日 09時45分 公開

Tesla、ドライバーが走行中にゲームをプレイできる機能をソフトウェア更新で無効に

Teslaは、走行中にもドライバーがゲームをプレイできてしまう機能を無効にする。米運輸省道路交通安全局(NHTSA)による正式調査開始の発表を受けての決定だ。12月23日からロールアウトする車載ソフトウェアのOTA更新で実施する。

[ITmedia]

 米Teslaは12月23日(現地時間)からロールアウトする自動運転車のソフトウェアアップデートで、ドライバーが走行中にゲームをプレイできてしまう機能を無効にする。米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が同日、英The Guradianなどのメディアに声明文でそう伝えた。

 NHTSAは21日、この問題について正式に調査すると発表した。

 nhtsa 調査開始のレジュメ

 NHTSAによると、Teslaは次のアップデートで「Passenger Play」と呼ばれる問題の機能をロックし、車両が動いている間は機能しなくなるようにするという。Teslaは当局との話し合いの後、変更に応じた。NHTSAはソフトウェアアップデート後も調査を継続するとしている。

 Teslaのイーロン・マスクCEOは同日、自身のTwitterアカウントで「10.8(ソフトウェアのバージョン)はいい感じだ。今日ロールアウトする」とツイートした。Passenger Playを無効にする件については、特に触れていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.