ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2022年01月04日 12時02分 公開

Twitter、モバイル広告MoPubの10.5億ドルでの売却を完了

Twitterは、モバイル広告企業MoPubの売却を1月1日に完了したと発表した。売却総額は10億5000万ドル(約121億円)。これにより「主要分野でより速い成長を実現し、製品開発を加速する」。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは1月3日(現地時間)、2013年に買収したモバイル広告企業MoPubの、米AppLovinへの売却を1日に完了したと発表した。売却総額は10億5000万ドル(約121億円)。

 マーケットプレイスを含むMoPubプラットフォームは3月31日に廃止になる。希望するサイト運営者に対しては、AppLovinがAppLovin MAXプラットフォームへの移行を支援する。

 mopub

 Twitterは「MoPubの売却を完了し、われわれはプラットフォーム全体での広告強化に引き続き注力する。われわれの目標は、主要分野でより速い成長を実現し、製品開発を加速することだ」と語った。

 同社は昨年2月、2023年までに収益を2倍にし、75億ドル以上にするという目標を掲げており、MoPub売却発表の際、売却はこの目標を達成するための取り組みの一環だとしていた。

 米Appleが「iOS 14.5」から搭載しているATTの影響でMoPubのようなモバイル広告の効果は落ちている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.