ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2022年01月13日 15時42分 公開

羽田空港にAmazonロッカー新設 その“なるほど”な理由

Amazon.co.jpで購入した商品を受け取れるロッカーが羽田空港に登場。その理由は。

[岡田有花,ITmedia]

 アマゾンジャパンは1月13日、Amazon.co.jpで購入した商品を受け取れるロッカーを、羽田空港の第3ターミナル(元国際線ターミナル)内に新設したと発表した。海外から日本に入国する人は、事前に注文しておけば、隔離施設に入る前に商品を受け取れる。

画像

 現在、日本政府が指定する国・地域から入国する場合、検疫所が確保した隔離施設で待機する必要がある。

 入国者は、隔離される前にAmazonで商品を注文し、受け取り場所を羽田空港のロッカーに指定しておけば、隔離施設に向かう前に商品を受け取れる。

 受け取りはロッカーに触れずに可能だ。配達が完了すると、ユーザーに準備完了のメールが届く。メール内の「ピックアップを開始」をクリックして進めると、ロッカーが遠隔で開いて商品を受け取れる。

 ロッカーは3台あり、名前は「Sun」「Mercury」「Mars」。日本空港ビルデング、東京国際空港ターミナルと協力して設置した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.