ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2022年01月14日 11時50分 公開

Firefoxの接続障害が復旧、公式が謝罪 原因はHTTP/3のバグ

1月13日午後5時ごろから発生していた、Webブラウザ「Firefox」のネットへの接続障害について、Firefoxの公式Twitterアカウントは13日午後10時6分に「再起動すれば正常に戻る」と復旧方法を投稿し「Firefoxで障害が発生し、申し訳ございませんでした」と謝罪した。

[松浦立樹,ITmedia]

 1月13日午後5時ごろから発生していた、Webブラウザ「Firefox」のネットへの接続障害について、Firefoxの公式Twitterアカウントは13日午後10時6分ごろ「再起動すれば正常に戻る」と復旧方法を投稿し「Firefoxで障害が発生し、申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 クラウドプロバイダー側のデフォルト設定の変更により、FirefoxのHTTP/3のバグが誘発されたと説明。「この設定変更を無効にして問題は修正した」(同)という。

 SNS上などでは応急措置として「統計情報の送信を切る」という対応方法がFirefoxユーザーの間で広まっていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.