ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2022年02月09日 07時19分 公開

Apple、iPhoneが決済端末になる「Tap to Pay」を発表 2022年後半に米国で展開

1月に報じられていたように、追加デバイスなしで、iPhone自体が決済端末になる。まずはStripeが対応。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleは2月8日(米国時間)、iPhoneが決済端末になる「Tap to Pay」を、今年後半に米国で展開すると発表した

photo Tap to Pay

 決済ジャーナリスト鈴木淳也さんによる解説はこちら。

 中小企業から大規模小売店まで、全米の何百万もの加盟店が、iPhoneをタップするだけでApple Pay、非接触型クレジットカード、デビットカード、その他のデジタルウォレットをシームレスかつ安全に利用できるようになるという。

 Tap to Pay on iPhoneは、決済プラットフォームやアプリケーション開発者が自社のiOSアプリケーションに統合し、決済オプションとして顧客企業に提供できるようになり、インターネット向け決済インフラの「Stripe」は今春、ShopifyのPOSアプリケーションを含む、自社の顧客企業に対してTap to Pay on iPhoneを提供する最初の決済プラットフォームとなる。

 その他の決済プラットフォームやアプリケーションについても、2022年後半に順次対応していく予定。

photo Tap to PayはNFC対応クレジットカードも使える

 Tap to Pay on iPhoneが利用可能になると、加盟店はiPhone XS以降のデバイスで対応するiOSアプリを通じて、非接触型決済の受け入れを機能をアンロックできるようになる予定。加盟店は会計時にiPhoneまたはApple WatchのApple Pay、非接触型クレジットカード、デビットカード、その他のデジタルウォレットを加盟店のiPhoneに近づけるよう促すだけで、NFC技術を使って安全に支払いが完了する。

 2022年後半に米国内のApple Storeでも展開される予定だ。

 Tap to Pay on iPhoneに参加する決済プラットフォームとそのアプリケーション開発者パートナーは、近日公開予定のiOSソフトウェアのβ版で、ソフトウェア開発キット(SDK)を利用できるようになる。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.