ITmedia NEWS > セキュリティ >
セキュリティ・ホットトピックス
ニュース
» 2022年03月10日 13時16分 公開

Emotet、3月はすでに300件超えの被害相談 “先月比7倍”で大幅拡大中 IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は3月1日から8日までに、Emotetの感染被害についての相談が323件あったと明かした。先月同時期(2月1日〜8日)に比べ、約7倍の相談件数に上るほど大幅に拡大しているとして、改めて警戒を呼び掛けている。

[松浦立樹ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)は3月9日、1日から8日までに、マルウェア「Emotet」への感染被害の相談が323件あったと明かした。先月同時期(2月1日〜8日)に比べ、約7倍の相談件数に上るほど大幅に拡大しているとして、改めて警戒を呼び掛けている。

IPAの注意喚起(IPAの公式Webサイトから引用)

 また3月4日ごろから、日本語文面の新たな攻撃メールも確認。請求書に関する具体的な指示が自然な日本語で書かれているのが特徴で、受信者に対応を促すことで、添付ファイルを開かせようとしている。添付のExcelファイルには、これまでと同様に悪意のあるマクロが仕掛けられているため、「コンテンツの有効化」をクリックしないようIPAは注意喚起している。

日本語で書かれた新たなEmotetの攻撃メールの例

 JPCERT/CCも3月3日に、Emotetに感染した.jpメールアドレス数が2020年の感染ピーク時の5倍にまで急増していると発表。3月に入り、NTT西日本や沖縄県、日本気象協会、東北海道いすゞ自動車などがEmotetの感染を報告している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.