ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2022年06月19日 07時32分 公開

TikTok、米ユーザーデータをOracleのクラウドに移管したと発表 中国からアクセスされたという報道も

中国ByteDance傘下のTikTokは、米国のユーザーデータの保存場所をOracleのクラウドに移管したと発表した。翌日、BuzzFeedがTikTokのユーザーデータは過去に中国からアクセスされていたと報じた。日本など米国以外のユーザーデータの保存場所は従来どおりだ。

[ITmedia]

 中国ByteDance傘下の米動画共有サービスTikTokは6月18日(米国時間)、米国ユーザーのデータの保存場所を変更し、米国のユーザートラフィックの100%を米OracleのCloud Infrastructure(OCI)に移管したと発表した。

 tiktok

 バックアップは自社の米国とシンガポールのデータセンターに保存しているが、将来的にはOracleのサーバに完全に移行する計画だ。

 米国以外のユーザーデータについては従来と変わらず、米国とシンガポールの自社データセンターに保存している。

 tiktok 2

 米国ユーザーデータのみOracleのクラウドに移管したのは、2020年に当時のトランプ政権がTikTokアプリを禁止するとし、ByteDanceにTikTokの米事業売却を命じる大統領令を発令したことがきっかけだ。

 TikTok買収には米MicrosoftやOracleが名乗りを上げたが、最終的にはOracleが“テクノロジープロバイダー”になることになった。その後、現バイデン政権がトランプ氏の大統領令を取り消した

 TikTokがデータ移管について発表した翌日、米BuzzFeed Newsは、TikTokの米国ユーザーのデータが何度も中国からアクセスされていたと報じた。同メディアは独自に入手したというTikTokの内部会議の音声記録を基に、米国ユーザーのデータは少なくとも2021年9月から2022年1月の間、中国のエンジニアがアクセスしていたとしている。

 ByteDanceとTikTokは2020年、「米国のユーザーデータは米国とシンガポールに保存されており、中国との間にはソフトウェアの障壁を築くという、プライバシーとセキュリティを保護するための特別な措置を講じている」と説明していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.